葬儀の際に贈るギフトを選ぶときのポイント

葬式の電報

お葬式での電報にはいくつかマナーがあります。日本は複数の宗教が入り混じっているため、このマナーにもいくかのルールが存在するため、注意が必要です。マナーを理解し無作法の無い電報をうちましょう。

詳細を確認する

知りたい香典返し

香典返しでは、受け取った香典によって内容を変えるというのが一般的です。しかし、どの程度のお返しをすれば良いのかというのは難しい所。そこで、簡単に香典返しのバランスについて紹介します。

詳細を確認する

葬儀準備は生前から

人の生き死にはいつ、どのタイミングで起きるか分かりません。そのため、葬儀の準備が全く出来ておらずてんやわんやな事態に陥る事もあります。こうした問題を解決するためにも、事前に利用する葬儀社を決定しておきましょう。

詳細を確認する

遺品整理業者

個人が離れた場所に住んでいるという場合、遺品の整理は大変です。毎週末飛行機で移動して片付けとなればお金と手間の両方が大きくなります。そこで、専門の遺品整理業者を利用すれば素早く片付ける事ができます。

詳細を確認する

現代霊園社会

人口増加に伴い従来型のお墓ではスペースが確保できないという問題を都市部は抱えています。この問題を解決するのがマンション型の霊園など、機能性を高めたお墓の存在です。

詳細を確認する

増える散骨

家族葬プランもある葬儀は横浜エリアで対応してくれる業者がおすすめ。専属のコーディネーターが希望に応じてプランニングしてくれます。

散骨を滞りなく済ませるために

遺骨を墓地ではなく、海や山に撒いて「自然に帰る」事を散骨と言います。 1991年に散骨は方の規制外であるという見解が、関係省庁から出されて以来、散骨はにわかに注目され始めました。 これは業者を通さず、個人でも行う事が出来るのですが、葬儀社に依頼するのがトラブルを回避する一番の方法です。 ただ、一般葬を取り扱う葬儀社ではなかなか取り扱っていないので、自然葬を取り扱っている専門業者に依頼する事になります。 サービスを利用する方法は、一般の葬儀社と同じです。連絡し、予約を取り、葬儀内容を相談して行います。 散骨の他にも樹木葬、遺灰を安置し風に任せて行う風葬など、取り扱ってくれる葬儀は業者事に違いますので、どんな葬送を行いたいのか、しっかりと決めてから業者を捜しましょう。

変わりゆく家族構造が影響か

散骨が選ばれる理由は、「自然回帰」と言った感情面や宗教観もありますが、核家族化や少子化、主に都市部での墓地不足も大きな理由だと思われます。 墓地不足は墓地の高騰を招き、なかなか手に入れられないと言う場合も増えています。亡くなった後の行き場がないと言うのは切実な問題です。 墓地の継承者がいないというのも、散骨を選択に入れる一要因であり、墓参りの必要がない散骨は、問題の解消に大いに有効です。 例えば自然葬の一つである樹木葬の場合、永代供養料を含めても70万円前後で行え、墓地の継承者問題を気にしなくて済みます。 世間的に「変わり者」と言った目線を浴びたり、親族の理解を得るのに時間がかかるなどデメリットもありますが、費用を抑え、継承者問題に煩わされない散骨は、現状メリットの方が多いと思われているようです。